CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Kubernetes Meetup Tokyoがオンライン勉強会を9/28日に開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/16 17:00

 Kubernetes Meetup Tokyoは勉強会、「Kubernetes Meetup Tokyo #45」を9月28日にオンライン開催する。参加費は無料。

 Kubernetes Meetup Tokyoは、勉強会の開催を通じてKubernetesユーザーが集まり、Kubernetesにまつわるさまざまな分野の知識や情報を交換し、新たなつながりや仕事、ビジネスチャンスを増やせる場所を目標とするコミュニティ。

 今回の勉強会では、Kubebuilder Declarative PatternやCluster Addons、Kube API Server、kube-scheduler-simulatorおよびkubernetes-sigsについて紹介される。また、抽選で選ばれた希望者によるLTも行われる。

 現時点でのセッション内容は以下の通り。

Kubebuilder Declarative PatternとCluster Addonsについて [石井 伴旺氏]

 Kubebuilder Declarative Patternは、「あるアプリ/システムを実現するK8sオブジェクト群」をマニフェストという単位で管理し、インストール・アップデートを簡素化することを目指しています。そしてDeclarative Patternは、K8s Addonの管理を簡素化することを目的としているCluster Addonsというプロジェクトでも用いられています。自身が2020年にKubebuilder Declarative Patternコミュニティでメトリクス機能の開発を行った経験を通して、Kubebuilder Declarative PatternとCluster Addonsについて紹介したいと思います。

Kube API Server [bells17氏]

 Kube API ServerはKubernetesのAPI Serverであり、Kubernetesのエコシステム全体を支える Kubernetesのコアコンポーネントの1つです。本発表ではこのKube API Serverのアーキテクチャや各機能の内部実装を紹介します。

kube-scheduler-simulatorを用いたSchedulerのシミュレーションとその仕組み [Kensei Nakada氏]

 kubernetes-sigs/kube-scheduler-simulatorはSchedulerの動作を各プラグインの動作を詳細に確認しながらシミュレートすることができるものです。このセッションでは、kubernetes-sigs/kube-scheduler-simulatorの紹介とその開発背景、そして内部的にどのように実装されているのかをお話しします。

 開催日時は9月28日19時~21時半。申込や参加方法などの詳細はイベントページから確認することができる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5