CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows 11上でのAndroidアプリ実行機能、Windows Insider Programにて提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/26 11:00

 米Microsoftは、Windows 11上でのAndroidアプリの利用を可能にする、Androidアプリエクスペリエンスの最初のプレビューを、10月20日(現地時間)にWindows Insider Programにて公開した。

 Androidアプリは、Microsoft Storeにて検索でき、ダウンロードしたいアプリを選択すると、Amazon Appstoreが以降のフローを引き継ぐ。

 Windows 11上では、スナップレイアウト機能を用いてAndroidアプリを並べて実行可能なほか、スタートメニューやタスクバーへの固定、マウス/タッチ/ペン入力での操作に対応している。

 [Alt]+[Tab]と、タスクビューにも対応しているので、アプリ間を迅速に移動できるほか、アクションセンターでのAndroidアプリからの通知の確認や、WindowsアプリケーションとAndroidアプリ間でのクリップボードの共有など、アクセシビリティを重視したエクスペリエンスを実現した。

 現在、MicrosoftとAmazonなどが、Windows Insider向けに50のAndroidアプリをキュレートし、幅広いハードウェアにてテストと検証を行っており、今後数か月以内にWindows Insider Programのアップデートを通じて、新しいアプリをリリースしていく。

 Windows 11でのAndroidアプリの利用を可能にするために、MicrosoftはWindows 11上に新たなコンポーネントである「Windows Subsystem for Android」を導入しており、同システムにはLinuxカーネルと、Android Open Source Project(AOSP)バージョン11に基づくAndroid OSが含まれる。

 Windows Subsystem for Androidは、Amazon Appstoreインストールの一部としてMicrosoft Storeから配布され、より多くのAPI、機能、シナリオのサポートが継続して追加されるなど、最新の状態を維持できる。

 また、Windows Subsystem for Linuxと同様にHyper-V仮想システムで実行され、AOSP環境におけるアプリのランタイムとAPIを、Windowsグラフィックレイヤ、メモリバッファ、入力モード、物理デバイスと仮想デバイス、センサにマッピングすることが可能になっている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5