CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Docker、Docker Desktopを使用したファイル共有のベストプラクティスを紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/01/26 08:00

 米Dockerは、Docker Desktopを使用したファイル共有のコツや、将来的にDocker Desktopへの搭載が見込まれるファイル共有機能などについて、公式ブログの1月24日(現地時間)付の投稿にて紹介している。

 同記事では、Docker Desktopをいくつかのオープンソースのツール上に構築された単なるUIではなく、macOSまたはWindows環境にてLinuxコンテナを開発および実行するための環境と位置づけており、ホストとのシームレスな統合によって、あたかもネイティブで実行されているように見える。

 緊密な統合が図られているものの、仮想化であるため、非常に小さいながらもオーバーヘッドが常に存在し、巨大なソースツリーと大量の読み取り/書き込みがある開発環境では、目に見える影響を及ぼす可能性がある。

 なお、名前付きボリュームは仮想マシン自体のファイルシステム内に作成されるので、パフォーマンス上の問題は発生しない。また、WSL 2ではWindowsファイルシステムからマウントされたファイルは低速で、名前付きボリュームは高速だが、WSL仮想マシン内にあるLinuxファイルシステムは高速となる。

 これらを踏まえてDockerでは、アクティブに編集しているソースコードはバインドマウントに保存し、大規模な静的依存関係ツリーまたはライブラリは名前付きボリュームまたはWSLに移動したり、コンテナイメージにベイクしたりすること、データベースには名前付きボリュームまたはWSLを使用することなどを提案している。

 現在、Docker Desktopではファイル共有のパフォーマンスを向上すべく、virtiofsに基づくファイル共有の実験を行っており、macOS向けDocker Desktopにはすでにテクノロジープレビューがリリースされ、今後はLinux向けDocker Desktopへの搭載も予定する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5